Share (facebook)


ゴルフカン違い・ヨミ違い ビギナーにもシングルにも役立つゴルフバイブル

アマチュアゴルファー100万人のレッスン経験から
生まれたゴルフバイブルから、
多くのゴルファーが間違えて理解している
技術・レッスン訓のカン違い・ヨミ違いを
毎回テーマ別にご紹介します。

 

バックナンバーはこちら



No5.バックスウィングで左肩を水平に回せ!

症状

水平の意味をカン違い・ヨミ違いして、
左肩を地面と水平にまわそうとしている人を見かけます。
これでは、バックスウィングで上体が起き上がってしまいます。

上体が起き上がるとスウィング軸が一定しないので、
さらにスウェーしてしまいがちです(結果A)。

また、スウェーさせないで、その場で身体を回転させようとすると
クラブをフラットに引くことになるので、
トップの位置が極端に低くなります(結果B)。


結果:A 上体が起き上がりながら、スウェーすると

トップでは上体は右に動いて、伸び上がります。
ダウンスウィングでもとへ戻そうとしても、
上体は左に動きながら、またすぐに伸び上がってしまいます。

トップが左肩で浮いて、右足のかかとに体重がかかってきます。

ダウンスウィングでは、逆に右肩が浮いて
早めに左足のかかとに体重が移動していきます。


ダウンスウィングで起き上がろうとする力が働くので、
インパクトではトップしがちです。

それもボールの頭を叩くようなトップになってしまいます。

さらにダウンスウィングで意識的に上体を沈めてくると、
スウィング中にスウィング軸が前後、左右にブレているので
ダフるケースが多くなります。

結果:B さらに身体を回転させようとすれば

バッグスウィングで左肩が浮いてくるので、
上体が起き上がってきます。

上体が起き上がれば、クラブヘッドがフラットに上がっていくので、
トップの位置が極端に低くなります。

このようなトップからダウンスウィングに入ると、
スウィング軸が前後にブレているので、
ボールはクラブヘッドのトーかヒールにあたってしまいがちです。


しかも、クラブヘッドが極端なインサイドインの
スウィング軌道を描くので、
インパクトではフェースが開いて当たるか、
閉じて当たるかのどちらかになってしまいます。

フェースが開いて当たればボールは右に、
閉じて当たれば左に飛び出していきます。


 

 

 

ページの一番上に戻る

正しいスウィングの解説

正しいスウィングの解説と矯正のポイントは、近日お届けします。

ゴルフカン違い・ヨミ違い バックナンバー

ゴルフ場:ドローン撮影:編集



Photo
↓提供:こそれんゴルフ

無料メール講座!!
簡単ザックリ対策6日間

ゴルフネット サイト内検索


新着情報




ゴルフ予約は楽天GORA!
はじめて予約でボーナスポイント


プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

PR


株式会社JOYX